涼しいところ

雑記、趣味の話、ゲーム、本、などなど。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/09/28 15:30

テラリア(PC版)感想 

http://store.steampowered.com/app/105600/?l=japanese

☆☆☆☆☆
ver1.2、2014/03/17時点での感想メモ
プレイ時間160時間超えぐらい

+良い
・やり方次第で凄まじく色々な遊び方ができる
・懐が深い。自由度が高い
・プレイヤーの経験とキャラクターの性能の向上が激しい
・ランダムで与えられる環境だけど進み方のバランスが秀逸
・探索が楽しい
・協力プレイするとむちゃくちゃ楽しい
・余計な制限がほとんどない
・バージョンアップで色々増えたりする
・セール中はアホみたいに安い


+悪い
・英語なので慣れてないうちは面倒
・目標を自分で見つかられない人だと楽しみ方がわかりにくい
・1プレイにかかる時間が非常に長い(周回プレイが微妙にしにくい)
・後から入ってきたユーザーをフォローするのが難しい


+どっちも
・遊ぶ人の環境に楽しさが依存することが多い
・アイテム整理が煩雑(楽しかったりもするけど)


+更にこうだといいなぁポイント
・料理の数とか効果が増えて欲しい
・アクセサリーとか装備セットを簡単に切り替えたい
・新ワールド作ったり移動するのに何らかの儀式が欲しい
・クエスト的なストーリー要素がちょっと欲しいかも
・価値観の変動が激しいのでもうちょっと古いものにも光が当たると嬉しい
・図鑑が欲しい。アイテムとかモンスターを埋めたい
・日数表示が欲しい。タイムアタックとかに使いたい
・そのワールドで完結しない場合何らかの手段が欲しい
・生産とか満腹度的なやつがあってうれしい
・武器の強化が完全ランダムじゃなくて欲しい(宝石使ったりとかして)
>自分用のカスタマイズ性があるとなおよし
・ペット育成して戦わせたりしたい。何か効果があるペットが良い
・弱い装備とかにもなんらかの価値があるといいよね


昔のメモなので+αの妄想が多い。
現状だととりあえず2014年一番おもしろかったゲームという印象。
初めてまともに遊んだサンドボックス系のゲームだったので自分への衝撃も凄まじかったのだと思う。
一時期マジで生活に影響が出るぐらいで遊びまくっていた。
またver1.3のアップデートが予定されているので気が向いたら新ワールドで新しくはじめてみたい気もする。
元になったマインクラフトもいつか遊んでみたい。
スポンサーサイト

2014/09/28 15:18

みんなでまもって騎士 感想 

http://www.ancient.co.jp/~game/mamotte_knight2/

☆☆☆☆★
1人プレイで9時間ぐらい遊んだ感想

+良い
・アクションの爽快感がある
・FCゲーム風にこだわられていてクオリティが高い
・キャラ毎に特徴があって徐々にできることも増えて楽しい
・値段以上のボリュームがある

+悪い
・文字などが読み辛い箇所がある
・街で画面切り替え時にセーブされるタイミングが多い

+どっちも
・攻略法を考えないと難しいステージも多い
・1ステージが結構長いステージがある
・ステージ中の敵の数や場所がわかりづらいことがある
・FC世代じゃないと微妙かも

FC世代向けに作られたタワーディフェンス無双、といった感じのゲーム。
その辺の世代向けに大量の小ネタが仕込まれつつもゲームとしても良く出来ていて非常におもしろい。
無駄な演出が少なく、どっぷりとゲームそのものに浸れる点も素晴らしい。
サクサクと遊べるがキャラクターや育成要素も豊富でやりこみがいもあるので確実にお値段以上に楽しめると思う。

微妙な点としてはFC風にこだわりすぎていて文字や画面が見辛い時が少々あるぐらいか。
あとセーブのタイミングが任意じゃなくて街で画面切り替え時に頻繁に入るのがちょっと面倒かも。

ちゃんと攻略しないとクリアできないような歯ごたえがあるバランスなのは評価が別れるかも。
1ステージにかかる時間が結構長いものもあったりするのでゲームオーバーになったときのストレスがそこそこあったりも。
また、どこに敵がいるのか、今どうすればいいのかが地味にわかり辛いこともあるのでそのへんは微妙かも。
自分でしっかりと考えて攻略できる人ならむしろ楽しめるかもしれない。

どうすればクリアできるか分からないようなステージもあったりするので
そのへんはそれこそ昔のように友達と攻略情報を教え合ったりできればもっと楽しめるのかもしれない。
確実に人は選ぶゲームだけどハマれば一気に数時間ぶっ飛ぶほどに楽しめるだろう。
一人でしか遊んでないので機会があったら複数人プレイも試してみたい。

どうでもいいけど左端の方でめっちゃ震えてるおじいさんが好き。

2014/09/28 15:14

Rocket Knight 感想 

http://www.konami.jp/products/dl_xbox_rocketknight/

☆☆☆★★
1時間ぐらい遊んだ状態での感想


+良い
・アクションが軽快で爽快感がある
・高速で飛び回ったりできておもしろい
・ギミックや展開が豊富でおもしろい
・敵の配置などが凝っていて上手く切り抜けられると楽しい


+悪い
・ロードが長い
・3Dで当たり判定などがわかりづらい
・探索要素が爽快感のある移動と噛み合ってない


+どっちも
・アクションが豊富だけど使いドコロがわからないものがいくつか
・1ステージが長め
・全体の長さがつかめない


SFC版はやったことないけど興味があって買っていたのを今更ながら遊んでみた。
主人公の動きが非常に軽快でサクサクと高速で飛び回って先に進んでいけるのがおもろい。
ステージも色々凝っていて中々と遊びごたえがあるように思う。

個人的に気になった点はやりこみ要素がステージ中のアイテムの収集をしないといけない点。
キャラの性能と逆行して色々と見過ごしが無いように探しながら進まないといけないのがちょっとストレス。
気にしないでガンガン進めばいいのかもしれないのだがちょっと‥ねぇ‥。
元のゲームよりやたら洋ゲー感が増してるけどこれはまぁそんなもんだろう。

このゲームに限った話ではないんだけどDLゲーのUIが若干残念な物が多いのは何故だろうか。
そういうところに金を掛けていられないのかも知れないけど気になるところではある。

2014/09/28 15:04

パペッティア感想 

http://www.jp.playstation.com/scej/title/puppeteer/

☆☆☆☆★
1時間ぐらい遊んだ状態での感想

+良い
・演劇風の進行と声の演技が良く出来ていて自然と話しに引き込まれる
・ハサミを使ったアクションが豊富でおもろい
・ギミックや能力の増加が楽しくて先に進みたくなる
・グラフィックや世界観がよく出来ている
・隠し要素が満載だけど遊びやすい


+悪い
・ゲームの進行がほぼ自動なため自分で遊んでいる感が少し薄い


+どっちも
・1ステージがちょっと長め
・出来のいい演出やボイスを聴くためには進行を止める必要がある
・自分が操作できない時間がちょっと長い


人形劇のような世界観の中をそのまま遊べるようなアクションゲーム。
世界観や映像、声の演技やサウンドなどが非常によく出来ており自然に引き込まれる。
ハサミを使ったメインのアクションも凝っていて爽快感もあり楽しい。
先に進むほど新たな展開やギミック、能力が増えていくためどんどん遊びたくなる感じ。
マリオギャラクシー2的な二人プレイなどもあるようで家族で遊ぶとより楽しいかもしれない。

グラフィックが非常に凝っているけど見づらいところがあまり無く、
直感的に分かりやすくまとまっているところは中々スゴイと思う。

演劇のようにどんどん場面やステージが進んでいくため、迷うこと等が皆無だけど
自分で進んでいく感がほとんど無いためこの辺は苦手な人もいるかもしれない。
探索要素もあえて寄り道をするケースが多いため面倒に思う人もいるかも。

http://www.jp.playstation.com/psn/plus/list/index.html
現在PS+の特典でフリープレイで遊べるんだけど
とりあえず1ヶ月でも会員になって遊べば充分に元が取れるぐらいの作品だと思う。

2009/11/04 23:40

シュタインズ・ゲート感想 



「これが運命石の扉の選択・・か・・」
そう思わずにいられないぐらい偶然の出会いだったけど
本当に出会えてよかったなぁと思えたゲーム。
東京ゲームショーでパンフをもらった自分や
体験版を何となく「落としてやってみるかー」と思った過去の自分を褒めて上げたい。

ストーリーやキャラクターについてはちょっとしたことが
ネタバレに繋がってしまうかもしれないのでなるべく伏せて感想を書きます。
出来れば本当に何も知らないような素の状態で遊んでもらいたいなぁ、と。
公式ページとかはやばいネタバレがあったりするのでマジで閲覧禁止。

ゲームのレビューを書くことはラブレターを書くことに似ているのかもしれない。
そんなアレな妄想をさせるぐらいに自分の心に響いたゲームでした。
その対象がいかに素晴らしいか、また、何故自分がそんなに好きなのかを
読む人に伝えるために言葉を選び、試行錯誤しながら書く。
自分の未熟さでその魅力を伝えきれないことがうらめしい。

出来ることなら、記憶を無くした状態でまた最初から遊びたい。
全てのエンディングを終えるまで約24時間、丸一日ぐらいと結構な長さだったけれど
まるで夢のように素晴らしい時間であっという間に過ぎてしまった。
最後はボタンを進めるのが惜しい、
このゲームが終わってしまうのが寂しくて辛い、とまで思えた。

それぐらいに面白い。

それでも、最後まで遊んで本当に良かったと思う。
本当にこのゲームを遊べて良かった。

今まで遊んだノベルゲームで一番面白い。
遊び終わった直後の心情的にはそう断言したくなる。
ゲームが終わってしまった後の喪失感が半端ない。
もっとこの世界に浸っていたい、この世界の続きを見たい、と。

良くあるノベルタイプのアドベンチャーだけど
全ての要素の総合的な作り込みが非常に素晴らしい。
魅力的なキャラクター、世界観、謎が散りばめられた緻密に作られたストーリー。
何気ない一文にはっとさせられる。
何気ない、日常の会話がとても心に響く。
最後まで遊んだ感想としては、とても美しいゲームだったと思う。

特に素晴らしいのが、ゲーム中での重要な役割を果たす携帯電話に関するシステム。

他のノベルゲームとは一風変わったシステムとして、
プレイヤーはゲーム中にいつでも主人公が持っている携帯を見ることができる。
例えば、目の前にいるキャラクターと会話中でも、
別のキャラクターから電話が掛かってきたりメールが送られてきたりする。

このゲームは既存のノベルゲームのような選択肢が存在しない。
上記のような掛かってきた電話に出た、出なかった、
送られてきたメールに返信した、しなかった、などの
主人公の行動によって物語が自然に分岐していく。

このシステムのお陰で、キャラクターがまるで
本当にそこにいるかのような存在感が感じられて良い。
例えば、キャラクターによっては会話中に電話に出ると気分を害したりもする。
ケンカした後にしばらくしてから謝罪のメールが送られてきたり、
しばらく会えなかったキャラクターから主人公を心配するメールが送られてきたりもする。
この携帯電話システムによって、キャラクターの魅力がより引き出されていると思う。

主人公のぶっ飛んだ性格やオタク用語全開のテキスト、
序盤から全開で飛ばしたストーリーなど人を選ぶ部分も沢山あるけれど
ここで自分のレビューを読んでるような人ならまず大丈夫だと思います。
ネットでwikiやら2chを見たりして気付いてたら半日が過ぎてた、
みたいな経験があるような人ならドンピシャでハマれると思われます。
想定科学アドベンチャー、の名に相応しい想像することが楽しい素晴らしいノベルゲーム。

超絶オススメです。
箱持ってる人はとりあえず買って損はない。
いや、もう箱ごと買っちゃっても個人的には損はないかと。

プロフィール

keipolus

  • Author:keipolus
  • ゲームプログラマー。
    きつねやらカレーやらコーヒーが好き。
    ゲーム作ってたりもします。
    http://inaridrop.sakura.ne.jp/

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。