涼しいところ

雑記、趣味の話、ゲーム、本、などなど。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/09/27 09:48

ユーザーへのちょっとした気配り 

忍さんのところの記事

「猿楽庁」のチューニング能力を問う

を読んで思ったんですが、記事の話題になっているたまごっちプチプチおみせっちの場合、単に難易度が高い、低いの問題じゃなくて遊んでくれる人(ユーザー)への気配りが足りないんじゃないかなぁ、と思ったり。

実際に自分がプレイしてないので、なんとも言えないところなんですが、忍さんの不満点を見てみるとちょっとそんな感じがします。

ユーザーへの気配り、つまりゲームの場合だと
「いかにユーザーが快適に遊べるように努力するか」ってことなんだと思います。

料理に例えると
「丹精込めて作ったカレーをおいしく食べてもらうために、どういった形でカレーを出すか」 みたいな。
お皿は先に暖めておく、食べる相手が小さい子ならちょっと辛くし過ぎないようにする。
「辛くて美味しい」が自慢のカレーなら、カレーと一緒に冷たくて美味しいお水を出したり、それかちょっと辛さを和らげる薬味を付けたりしても良いかもしれませんね。

まぁ、とにかくそういった「作ったものを最高に楽しんでもらう」ためのさりげない気配りなんですよね。
例えがカレーなのはあまり気にしないでおくとして(待

一人のゲーム好きとして、一生懸命作品を作ったならそれを伝えるための努力もがんばってほしいなぁ、と思う訳です。
ゲームの遊びやすさ、操作の快適さってのは良くてもあまり目立たないものなんですが、悪いとすごく目立ちます。
いくら楽しいゲームでもそういった部分が雑だとすごくもったいないなぁ、と。
その部分だけで100%楽しめなくなっちゃう人、離れちゃう人もいっぱいいますしねぇ。

うーむ、やはり愛だ。
僕らは、ゲームへの愛が! 愛が欲しいわけなんですよ!

と、無理やりサンボマスター風に閉めてみる。


スポンサーサイト

2005/09/25 23:43

悲しい言葉では 

何も変わらないんだぜ~♪

と、いうことでこんな夜はサンボマスターに語りかけられてみる。

風呂上りに涼しい秋の夜風を感じながら聴く。
なんだか、染みる。

少し疲れているとき、ちょっと元気がないとき。
そんなときは好きな歌を聴いていると少しだけど、元気になれる。

ちょっとだけの元気だけど、それが積み重なって明日への原動力になっているんだなぁ、と最近よく思う。

地味に恥ずかしいことを書いた気がするけど、きっとこんな夜のせいだろう。

さて、明日も色々と頑張りましょうかー。

2005/09/24 23:54

郷秋 

台風が近づく最中、ふと窓の外を眺めたら、やけに綺麗な夕日が目に飛び込んできた。

夕日

夏も終わり、随分と涼しくなった秋の空。
そんな空をぼんやりと眺めていたら、何故か、胸の奥の方が締めつけられるような気がした。

「帰りたい」

意味もわからず、ただ急にそんなことを思った。

おかしな話だ。
僕が帰る場所は夕日を見ているこの家、この部屋のはずなのに。
どうして、そんなことを思ってしまうのだろうか。

「帰りたい。 だけど――きっと、帰れない」

それは一つの確信。
僕は一体、どこに、帰りたいんだろうか。

2005/09/23 11:50

ニュートラ適性診断 

ニュートラ適性・適職診断

まわりの人が皆やっているようなので、ネタゲットとばかりにやってみました。
結果はこんな感じ
--------------------------------------
守りのタイプです。
攻めるのは苦手ですが、守りは得意

内向性
5■■■■■
外向性
1■□□□□

--------------------------------------
めちゃくちゃに防御型だっ Σ
読んでみて結構当たってるなぁ、というところも。
人に聞いてみても当たっている、と言われそうだ。

最近やってるFFCCのマイキャラ「ポラス」(M-B君に勝手に作られた)
が、やけに防御型なことも関係がある……のだろうか。
ギルティでも梅喧さんを使用していたし、ゲームに関しても守るタイプなのかも。

確かに攻めの姿勢というか、アグレッシブに外へ働きかけることが自分には足りていない。
もっともっと攻めていこー。

[> ガンガンいこうぜ

2005/09/23 10:31

マリオ様が 

クローゼットの

髭薔薇様が


増えてる。
むしろ、増やした。

2005/09/16 10:40

ゲームバトン 

遅くなっちゃいましたが、げーむばっとーん。
形式がよくわからないので、スギモト氏の形式を参考に。

■ 今パソコンに入っているゲームファイルの容量
大体1.5G。
今の状態だとパンヤ、東方、ひぐらしぐらいしか入ってないですね。


■ 現在進行中のゲーム
スカッとゴルフ パンヤ (PC)
無料でも出きるオンラインゴルフゲーム。
地元の友人が始めたので皆で夜な夜な遊んでます。
ちょうど友人が始めた頃にPCが崩壊したので、一人だけ遊べなくて寂しい思いをしたりも。

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル (GC)
GCで結構前に出てた多人数協力プレイ可能なFF。
随分前に買って、由詫君と二人でちょこちょこ遊んでたんですが結局クリアまで進まず。
が。つい最近我が家に4人集まったときに皆でやってみたらかなり面白かったので再燃。
GBAとケーブルが人数分必要、と敷居が高いのが少々難点。
システム面でもアイテム整理の煩わしさ、テンポの悪さなど気になるところもあるんですが
それでも、皆で遊んだときの面白さは格別です。
聖剣、ブレイズ(ブレイズ&ブレイド)のように知り合い同士でワイワイ遊ぶのがかなり楽しいゲームですね。

東方妖々夢 (PC)
紅魔郷ノーコンクリアできたのでやっと開始。
紅魔郷と比べて演出が総合的にパワーアップしていて驚きです。
スペルカードやら幕間がカッコイイ。
説明書を読まずに始めたり、パッチ当て忘れて強制終了喰らったりと前途多難。
いや、自業自得なんですけどね orz

今のところコインいっこで5面ボスまで行くのがやっと。
うーん、先は長いです。
4面ボス戦の曲「幽霊楽団 ~ Phantom Ensemble」がお気に入り。

ひぐらしのく頃に (PC)
流行から遅れすぎだけど開始。
3つ目のシナリオの「祟殺し編」まで進んだんですが‥

おもしろいけど‥怖いっすよ、コレっ!

真綿で首を絞められるような、足元が少しずつ崩されていくような。
じわじわと少しずつ追い詰められていく恐怖。
わからない、ただそれだけで怖い。

それに加えて「祟殺し編」は精神を多角的にえぐられる感じで orz
英気を養うために現在休憩中です。
先が気になるんだけど「こわくて すすめない」状態。

そういえば、PCが止まった時もひぐらしをやっていたような‥。


■ 最後に買ったゲーム
GBAのファミコンミニ再販マリオ。
貯めておいたポイントを使って400円ぐらいで買いました。
20年前のゲームなのに今やっても面白いってすごい。


■ よく遊ぶ・または特別な思い入れのある5作品
あぁ、5本じゃ少なすぎて選ぶのが辛い。
これは外せないなぁ、と思うものに想い出効果などを追加してセレクト。

・ ゼルダの伝説 神々のトライフォース (SFC)
たとえば、今すぐ始めたとしても絶対に面白いと確信が持てる。
冒険をしている、ゲームを楽しんでいるという実感。
自分のベストゲームを挙げるとしたら、かなりの確率でゼルダが入りそうです。

・ MOTHER2 (SFC)
喜び、笑い、脱力、怒り、恐怖、狂気などなど。
とにかく、色々な感情を与えてくれるゲーム。
ゲームで泣いたのってMOTER2がはじめてだったと思います。
長い冒険が終わってしまうこと、その世界とお別れしなくちゃいけないことが悲しかったんですよねぇ。
終わって数日は軽く放心してた覚えがあります。

・ 聖剣伝説2 (SFC)
兄弟、友人、みんなでとにかく遊び倒しました。
親戚のお兄さんがくれたのも凄くうれしかったなぁ。
皆で遊ぶのが、とにかくに楽しい。

・ 大乱闘スマッシュブラザーズ (64&GCどちらも)
皆で盛り上がれるパーティゲームの大定番。
64、GCどっちもめちゃくちゃ遊びました。
どっちか片方を選ぶのも難しかったので、まとめて選択(ずるい
友達の家にハードを持ち込んで泊り込みで深夜までやったりもしたなぁ。

・ ラグナロクオンライン (PC)
良い意味でも、そしてちょっと悪い意味でも非常に想い出深いゲーム。
これが無かったら、このblogは無かったかも‥?
総合プレイ時間ではきっとダントツの一位。
昼夜を問わず気の合う仲間と遊びまくりました。
もうきっとデータも消えてしまって、再び遊ぶこともないだろうけど。
多くの人と出会い、多くのものを得ることができたゲームだと思います。


スーファミのソフト多っ Σ
自分にとってのゲーム黄金期(楽しくて楽しくてしょうがなかった時期)が
あの頃だったのがやっぱり影響してそうです。
他にもまだまだ「これも捨てがたい!」「是非オススメしたい!」
ってソフトがいっぱいいっぱいあるんですが‥。
うーん、好きなものを絞るのって難しいですね。

またblogでちょっとずつ他のゲームも紹介してしまおうか‥?(待


■ 次の5人。
自分の周りでおそらく回っていない人。
このページを結構見てくれている人。
定期的にblogや日記などを更新している人。

これらを総合して次の5人は
由詫君、お水さん、鵬さん、閃さん、きりゅさん にお願いしまーす。

更新停滞してたし、しばらく気づかれない可能性大 orz
確認も取ってないので、気づいたら&気が向いたらよろしくです。

2005/09/15 22:23

完 全 復 活 ! 

友人の協力のおかげで、数日前になんとかPC復活しました。
データの復旧やら整理もやっと終わってやっと一息。

結局原因がはっきりしなかったんですが、やっぱり熱とHDDが怪しい模様。
なぜか、HDDの中身が無事だったのが不幸中の幸いというかラッキーでした。
書き溜めたデータを発掘できてよかったなぁ‥。

なんだかんだで間が空いちゃいましたが、また地味に更新してきますのでよろしくお願いしますー。

2005/09/06 11:26

流行からいつも変に遅れるのがぽr(略)クオリティ。 

友人(スギモト氏)からゲームバトンが周ってきていたという罠。
ちょっと前に音楽やら映画やらゲームのバトンが
流行ってたんですが(今も?)、ついに、自分のところにも!
いやぁ、ある程度書けそうなバトンでよかったよかった。

ただ、PC崩壊して以来じみーにネットから離れていたので発見が遅れ。
まだ直るのに時間がかかりそうなのもピンチ。

とりあえず、手書きでノートにでも書いておいて
全部書けたら後日ここに上げておこうかと思います。

5本かー・・。
絞るの相当大変そうだ・・。

2005/09/03 23:14

だああああ 

パソコンぶっ壊れたかも・・orz

とりあえず家族用のノートで書き込み中。
いまいち原因がわからないんだけどハードディスクが逝った確率が高い・・?
一応ちょっと前にバックアップは軽く取って置いたんだけど、いろいろと痛すぎる;
今まで地味に書き溜めておいた文とかも全部パーって・・ああもう泣けるorz

気合で出した東方エキストラも、昨日お水さんに薦められてやっとこさ初めて結構進めたひぐらしのデータも全部・・ もうだめぽr

2005/09/01 22:44

ゲーム近況2 

ドラキュラ
1周目でほぼやりつくせることはやりつくした(ソウル、マップ100%)ので、
クリア後に追加されたユリウスモードに突入。

このモード、今までの作品(PS月下、GBA暁)だとほぼおまけ扱いだったんですが、
今回の蒼月は本編に匹敵しそうなぐらいめちゃくちゃ凝ってます。
ちゃんとイベントシーンがあったり、3キャラを使い分けられたり、
専用の音楽やボスが追加されてたり、とえらくサービス満点で。

通常のモードと違って回復手段が限られているので
難易度がかなり上昇してるんですが、逆にそれが昔のドラキュラっぽくて良い感じ。
本編だとゴリ押しでいけるところもパヤーン化必須ですね。
ボスのダメージが大きい攻撃を2発喰らっただけで即死とか、日常茶飯事で。
でも、ちゃんとパヤーン化すればノーダメでボスを撃破できたりも。
敵の猛攻を見切り、一瞬の隙を突いて攻撃する快感‥!

‥やっぱり、最近この手の歯応えがあるゲームが好きになってるような気がします。

一応、本編と同じように敵を倒すとレベルアップするので
アクションが苦手な人でも時間をかけて頑張ればクリアできそうです。
ちょっと難しめだけど、歯応えがあるアクションゲームが好きな人や往年のドラキュラファンには相当楽しめそうな。

紅魔郷
エキストラはやっとボスまで一度だけ到達。
だけどボムを3つも残したまま最初のスペルカードで死亡。
うーん、やっぱり難しい。
道中が中々安定しませんねぇ。

コメントにも書いた通り、実は以前書いたノーコンクリアは
設定で自機を3から5に変えてました (ズルい
いや、エキストラ出すために苦肉の策だったんですよ orz

で、このまま邪道を進む訳にはいかぬ、ということで
今度こそ正々堂々とクリアできるように初期設定で頑張ってみました。

使用キャラは霊夢(針)。
以前ノーコンクリアしたときは魔理沙(ミサイル)だったので
相手の正面を取るというパヤーンは大体同じで。

今までの努力と気合と根性を合わせて頑張ったところ、残機0でなんとかクリアっ!

あぁ、めちゃくちゃ嬉しいです orz
後半かなりギリギリというか、焦ってボロボロだったけどどうにか。
いやぁ、やっぱ人間やればどうにかなるものなんですねぇ‥。

あまりに嬉しいので、
勢いでリプレイファイルを晒してみるテスト(※見るのにゲーム本体が必要)。
誰も見ないような気もするけど、記念ということでー。

一応ノーコンクリアだけど‥プレイの参考にはならないだろうなぁ;

2005/09/01 00:37

ムシキングが流行っている理由 

が、このページを読んで少しわかった気がします。

プロデューサーの植村さんの発言にちょっと感動。
というか、何か胸にじーんと来ましたよコレ。

以下、↑のページから軽く抜粋。

>とにかく自分たちのつくってきたゲームで、
>子供達が楽しんでくれたことが純粋にうれしいんです。
>だから、その子供たちを失望させたくない。

>子供たちは、カードを集めてくれているんだから、
>突然やめることは 「裏切り」 になるわけです。
>だから、僕は 『ムシキング』 をやめない。
>『ムシキング』 は10年、20年と続くかぎりやっていきます。
>ムシキングチームのスタッフは 「子供たちのためにも、続けていくのは当然」
>という意識を持っている。

>だから、もしも僕が交通事故で今突然死んだとしても、
> 『ムシキング』 は続いていくと思います。
>それだけ僕はまわりのスタッフを信頼しているし、
>周りのみんなも、それに応えてくれると思う。

>……だから10年、20年という言葉も安心して言えるんですよ。
>子供たちが望む限り、 『ムシキング』 は続いて行くんです。


カッコイイなぁ‥。
自分はセガに大した思い入れはなかったんですけど
このインタビューを読んでかなり印象が変わりました。

子供向けのゲームだからって手を抜かない。
いや、むしろ子供向けだからこそ、相手を子供扱いせずに真摯に向かい合う。

これほどの、ゲームや遊んでくれる子供たちへの愛情があるからこそ
ムシキングは子供たちからも愛されているんだなぁ、と。

なんというか、やっぱり愛がないとダメだと思うんですよ。

そんなことを一人想う八月の終わり。




[ムシキングが流行っている理由]の続きを読む

プロフィール

keipolus

  • Author:keipolus
  • ゲームプログラマー。
    きつねやらカレーやらコーヒーが好き。
    ゲーム作ってたりもします。
    http://inaridrop.sakura.ne.jp/

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。