涼しいところ

雑記、趣味の話、ゲーム、本、などなど。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/04/30 23:11

漫画日和 

サンデーで連載中の結界師を衝動買い。

おととい
→ サンデーで立ち読みしてて面白いからとりあえず1巻だけ買ってみよう。

昨日
→ 続きが読みたくなったけど一気に全部買っちゃうと楽しみが減るから5巻まで買おう。

今日
→ 続きg(略)

気づけば3日で全巻揃ってました。
あれ・・?
スポンサーサイト

2006/04/29 02:20

気になったもの 

色んなページを見ていて面白かったものを挙げてみるテスト。

・ インクレディブル・マシーン
真性引き篭もりさんの記事で紹介されてて知ったんですが、非常に面白そう。
現在は絶版になっているらしいんですが・・ほんと残念。

以前、ピタゴラスイッチの動画を見たときにこういうのをゲームでやったら
ちょっと面白そうだなぁ、と思っていたら、ほんとにゲームであったとは。
そういえば昔PSとSSで魔界村を題材にした似たようなゲームもあった気がする。

早速、こちらから英語版の体験版(上から三番目のやつ)を
落として遊んでみたんですがこれは面白い。
気づいたら2時間ぐらいずっと格闘してました。
チマチマと試行錯誤して、解けた時にはかなりの達成感がー。
自分、パズル苦手なんですがこれは解き方が自由なので良いですねぇ。

これ、ネット環境が整備された今ならリニューアルして出したら人気出そうな。
インタフェース的にDSで出したりしても良いかも知れない。
自分でステージを作れてWi-Fiで人に配布できたり、
リプレイの交換とかが出来たら好きな人の間で相当盛り上がりそうな気がします。

PSで出てたパネキットもそうだけど、こういう発想力や創造力を養えそうな
ゲームはお子様の教育にも非常に良さそうな気がするので(待
是非ともどこかの会社から出して欲しいなぁ、と思ったり。

・ スーパーマリオ木琴ブラザーズ(なにこれ?さんより)
良いなぁ、皆すごく楽しそうだ・・。
会場のお客さんの反応が凄く良いのもファンとしてはちょっと嬉しい。
最後のマリオワールドの曲?で手拍子が始まる辺りはグッと来た。

ファミコン曲のアカペラとかマリオのピアノの人とかもあったけど、
どれも再現率が高い上に気合が入ってて素敵ですねぇ。
日本のゲームが海外でもこんなに愛されてるのは日本人として何か嬉しい。

2006/04/28 00:17

大神の感想(続き) 

大神公式サイト

昨日の記事に引き続き、大神の感想ー。
まずはよかったところを。

◎ やりこもうと思えば相当やりこめそう
本編だけでも結構なボリュームがありそうなんですが、
細かい遊びだとか隠し要素も非常に沢山仕込まれていて
全部遊ぼうと思えばかなり長く遊べそう。
基本的にゲームの密度が非常に高いので、
何もしないような時間がほとんど無いのが嬉しいですね。
マップだけ広くて密度がスカスカだと遊んでる実感が沸かないし眠くなr(略

◎ キャラクターの動きが素晴らしい
特に主人公のアマテラス大神、最高です。
狼なのにどうみてもお犬様です。本当にありがとうg(略)なんですが
モーションの犬っぷりが非常に再現されているというか。
お犬様の動きの可愛らしさ、俊敏な動きのカッコよさがよく表現されてます。
犬好きの方は見てるだけでも和めそうなー。

他のキャラクターの動きもどれもよくできてますねぇ。
特に動物系の動きはじっと観察してるとやたら細かくてちょっと驚いたりも。

◎ 誰でも遊べそうなぐらい丁寧な作り
難度もあまり高くなく、チュートリアルがしっかりしてるので
説明書を見なくても全然遊べるぐらい丁寧に作られてます。

※あー、でも説明書はかなり気合入って作られてるので
是非一度は目を通して置くことをオススメしときます。


ストーリーのあらすじや次にどこに行けば良いか、という情報がステータス画面から
常に見ることができるのでどうしていいかわからない、って
状況になることはほとんど無いですね。
一度覚えた技の使い方の詳細もいつでも見れて便利。
敵の弱点とか有効的な倒し方もさり気に見れたりして。
忘れっぽい人やゲームのお約束に慣れてない人でも遊びやすそう。

ただ、これはちょっと気になるところにも繋がるわけでして・・


いいところは他にも色々ありますがとりあえずこんなところで。

さて、光があれば闇も出てくるわけでして。
逆に今度は遊んでいてちょっと気になった部分を挙げてみます。

△ チュートリアルが丁寧すぎる部分も
さっきの利点の裏返しなんですが。
ゲーム慣れしてる自分にとっては丁寧すぎてちょっと煩わしかったり。
チュートリアルやヒントが丁寧すぎる場面が結構多いんですよね。
もはや、ヒントというか「こうしなさい」って解答言われちゃったり。
個人的にゲームは自分で解くのが面白いのであまりヒントが多いとちょっとなぁ、と。

ただ、本編から外れた寄り道の部分は謎解きもアクションも
難度が高くて基本的にノーヒントのものが多くて良い感じ。
本編部分で物足りない人は寄り道の+αで難しいものに挑戦する、みたいな
構造になってるのは初心者も上級者も楽しめるようになってて良いかも。

△ ロードが少し長い&視点が少し見づらい場面がある
昨日の記事のコメント欄でもちょっと書いたんですが。
読み込む情報が多いのかマップの切り替え時にロードがちょっと長かったり。
人によっては結構気になる部分かもー。

ただ、自分の場合はあまり気にならなくて許容範囲内ですねぇ。
普段はロード時間が長いと結構気になるタイプなんですが。

友人のM-B君とも話してたんですが、多分これが答えかも。

ロード長くてもゲームが面白ければ気にならないんですよね。

待たされた分の面白さがちゃんとあるなら全然OKというか。
逆にどうでもいいところで待たされたり、ゲームがあまり面白くないのに
ロードが延々と長いと気になって仕方が無い。
ステータス画面開くのにロードが長いとかもうブチギレ金剛ですよ(謎

大神の場合は面白いし、極端に長いわけじゃないのであまり気にならないですね。
ロード中も細かい遊びというか、やることがありますしー。

視点は戦闘中に見づらくなることがちょっとあるかも。
特に、敵が大きいと視点の移動があまりできなくなるので
敵との位置関係を把握、調整するのに手間取る部分も少々。
そこまでひどいわけじゃないんですが、ちょっと気になる程度ですね。


・・えーと。
感想無駄に長いっすね、ええ orz

とりとめなく、思ったことを列挙したらまさかこんなことになるとは。
素の感想にはなってるとは思うけど、まとまってなさすぎだコレー。

とにかく要約すると大神楽しいよ、買ってよかったよ、と。
人によって楽しめる度合いも違うとは思いますが
ゼルダタイプのアクションアドベンチャーが好きな人ならまず楽しめそうです。
あとは日本神話や日本の昔話、日本が好きな人にもオススメ。

クリア後にまた、もっとまとめた感想を書いて見ますねー。

2006/04/27 00:47

大神の感想(未クリア、中盤ぐらい) 

大神公式サイト

まだクリアはしていないんですが(感覚的には中盤から終盤に入るぐらい?)
プレイ時間が約24時間ぐらいの時点の感想を書いてみます。

人にもよると思うんですが僕はめっちゃ好きですよ、大神。
日本画っぽいグラフィックがちょっと・・という人は厳しいかもしれないんですが
公式のムービーなどを見て楽しそう、と思う人なら確実に楽しめると思います。
僕の場合は期待を裏切られるどころか想像以上に面白かったです。

先に、本当におおざっぱすぎるまとめ方してしまうと

「日本っぽさ全開、爽快感大幅アップな主人公が犬なゼルダ」

ってとこでしょうか(待
お水さんのコメント欄にもちょっと書きましたけど
豪快かつ爽快、遊んでて気持ちが良いゼルダタイプのアクションアドベンチャー。

以下良いところを上げてみる。

・ グラフィックと演出がすごい
こういう方向性でのグラフィック進化ならもう大賛成ですよ。
徹底された日本画調のグラフィックと漢字を駆使した演出がすごい。
これ、日本人はもちろん海外の人にも絶賛されるんじゃないだろうか。
特に忍者とか侍が好きなアメリカの方とかには大喜びされそう(偏見

敵を斬ったら「」って大きく出る、といったように
戦闘シーンなどでも漢字がエフェクトとして上手く使われていて
(感覚的には漫画の「うしおととら」みたいな感じ?)
見た目のカッコよさだけでなく爽快感もあって良い感じ。

単にグラフィックがすごい、というだけじゃなくてグラフィックや演出が
ゲーム性にしっかりと結びついているところが好印象。
グラフィックがごちゃごちゃしてて見づらい、ということもほとんどなく、
いかにゲームを遊んでいて、キャラクターを動かして気持ちよさを感じられるか、
といった方向に力を注いでる感じがします。
広いフィールドを駆け回ったり飛び跳ねるだけでも楽しい。

画面に筆で記号や絵を描いて色々な効果を起こす「筆しらべ」という
システムがあるんですがこれもこのグラフィックならではだなぁ、と。
開発後期に出てきたアイディアだそうなんですが、すごくゲームに合ってる感じ。
というか大神のゲームとしての肝になってますね。

・ 「筆しらべ」が楽しい
さっきちょっと書いた「筆しらべ」なんですが、これが楽しい。
ゲームを進める内に色々な技を習得していくんですが
これを使いこなして謎解きをしたり敵を倒すのがとても面白い。
一つの技でも色々な使い方ができる、ってのもゲームの幅を広げていて良いですね。

序盤で入手できる「一閃」という物を斬る技があるんですが、これがほんと爽快で。
大体目に見えてる物はザクザクぶった斬ることができて素敵すぎます。
そこら辺に生えてる大木から岩、更には敵までもうスパスパ、と。
友人のM-B君が村人までザクザク攻撃したくなる気持ちもわからんでもない(待

「筆しらべ」の図形を描いている間は時間が停止してるので使いやすいんですよね。
発動中は敵の動きも止まるので、通常攻撃で敵を吹っ飛ばした後に
追い討ちで「一閃」、といったコンボも可能で戦闘の幅が広がります。

感覚的にはゼルダで色々入手できるフックショットとか弓矢などのアイテムを、
「一つの画面から全部ショートカットでほぼノータイムで使うことができる」
って感じかなぁ。
ショートカットのための手順(描く図形)は自分で覚えてないとなんですが。
それでもいちいち切り替える手間無く速攻で発動できるのは良いですねぇ。

・ アクション一つ一つが楽しい
前述のグラフィックの部分と被るところがあるんですが、
一つ一つのアクションが洗練されてて気持ちいいんですよね。
ただ走ったりジャンプしたりするだけでも楽しい。

主人公が人間ではなく狼、しかも神様(ネタバレ・・じゃないよね?)なので
人間の限界を超えたアクションができてそれが爽快なんですよねぇ。

ダッシュのスピードが非常に早く、しかも持続性が長くて
壁に引っかかったり、ジャンプするぐらいでは途切れたりしないので
ちょっと慣れればもう自由自在に野原を駆け巡ることができます。
フィールドが中々広いんですが、そこを一気に爆走するのが楽しい。
またまたゼルダでいうと常に馬に乗ったスピードが引き出せて、
しかもやたら小回りが効いて自由に走り回れる、みたいな。

個人的にはあんまりフィールドが広いとゲンナリするんですが
移動に対してストレスが無ければ全然OKなんですよね。
むしろ、逆に移動が爽快だとフィールドが広い方が良いというかもっと走らせr(略

自分はGCのゼルダ(風のタクト)があまり楽しめなかったんですが
その理由の一端がここにあるような気がします。
風のタクトはフィールドのほとんどが海で、地上が少なかったんですよね。
しかも海での移動に手間がかかるというかぶっちゃけめんどいので(待
後半になるにつれて移動がストレスになっていった、というか。

大神の場合は移動のストレスは全然ないですね。
むしろ自分の場合は走っててもなんか楽しいので
ワープ手段が出来てもわざわざ手間をかけて走ったりもしてます。


うーん、予想以上に長くなりそうだ;
まだまだ書きたいことが一杯あるので、また明日書き足しますー。

2006/04/25 01:06

やっと 

春らしくなってきましたねぇ。
ちょっと前まで4月なのに寒い日が続いてたりしたけどようやく4月らしく。

今日は特に暖かくて近所の水を張りはじめた田んぼでカエルが鳴いてたり。
自分は5月ぐらいの空気だとか夜の涼しさが好きなので早く初夏が来ないかなぁ、と。

以下、色々楽しかったもの等。

【初心者】怒首領蜂大往生攻略スレ9【歓迎】(716~)
怒首領蜂 うえから よこから
シューティングの当たり判定の謎を力技で説明しようとする試み。
716からの神懸かった流れが素晴らしすぎます。

自分が昔描いた原稿を見返して悶え苦しむ(ニャー速。)
109の内容がもうコーヒー牛乳吹くぐらいに笑いました。

>彼の必殺技は、「のうざしょう」。
>戦闘の途中にいきなり自分の頭を割り、ダイヤモンド製の脳を敵にブチあてて相手をKO!
>戦闘後は戻ってきた脳といっしょに決めポーズ。
>決め台詞は「ノウ・ザ・ショウ!」(たぶん、NO THE SHOW!のことだと思われる)


人類を超越したセンスにもはや脱帽するしか。
敵キャラの設定とかももう凄すぎる。

自分も、昔ちょこっと書いてた小説を親に見られて
しかも書き出しが暗いというか妖しい内容だったので

「自殺でもするんじゃないかと心配した」

とか言われてダブルで凹んだ経験があったりします orz
そこまで暗い文でも無かったと思うんだけどなぁ・・。
昔書いた文の取り扱いには細心の注意が必要ですね。

2006/04/23 00:43

ひさしぶりに写真とか 

土曜の風
揺れるレースのカーテン。

土曜の空
屋根と空と雲。

空を切り取る
隠れた太陽。

某
暴君のチップ。

・・ってことで、近所のセブンイレブンで売ってたので買ってみました。
トーハトの公式ページに載ってないんですが地域限定なのかな・・?

辛さは割りと普通、っていうか普通のハバネロより弱い感じ。
味も割と普通っていうかあんまり特徴的じゃないですねぇ。
美味しいんですがまた何度も買うか、って言われると微妙なところ。

というかMOTHER3やりながらだったからちゃんと
集中して味を見てなかったってのが本音だったr(略

食べながら遊ぶのは行儀が悪いですね、ええ orz

2006/04/22 01:52

MOTHER3 

ただいまプレイ時間8時間半ぐらい。
別に急いでやってる訳じゃないのに気づけばそんなプレイ時間。

じわじわ、じわじわと自分の中のMOTHERが大きくなってきました。
急激にではないんですが、じわーっと少しずつ染み渡るように。
ゲームを遊ぶうちに自分の中での面白さがちょっとずつ強くなってく感じ。
何だろう、すごく不思議な感覚。

ようこそ『MOTHER3』の世界へ!

↑の発売直前の糸井さんの手書きのメッセージ(4/18更新のやつ)が
ほんとそんな感じだなぁ、と。
MOTHER3は遊び場だし、ゲームだし、僕の中で確実に育ってる。

僕は大好きな作品だとずっとその世界で遊んでたい、その世界を
終わらせたくない、ってよく思ったりするんですよねぇ。
MOTHER3はすごくそう思う作品だなぁ、と。
いつかは終わらせなきゃいけないんだけど、
自分の手で終わらせるのがほんと切ないというか、寂しいというか。
自分で遊んでる、って気持ちが強い作品ほど終わらせたくない感が強い気がします。

今かなりの勢いで遊んでるんですがもうちょっとゆっくり遊ぼうかなぁ、と。
終わらせるのが惜しい、ってのはもちろんあるんですけど
ガツガツと一気に遊んじゃうのはMOTHERには似合わない気がする。
じっくり味わうように、最後まで楽しみたいなぁ、と思います。

2006/04/21 03:08

MOTHER3&大神 

・・えーと。
こんな時間(am3:00)に更新してることから察してください(待

これはやばいなぁ・・。


ある面で両極端な2作品とも言えるんですがとにかく一つ言えることは、
どちらも凄まじいほどのパワーを持った作品だなぁ、と。

何か、軽く感想書くのがためらわれるぐらい。
特に、MOTHER3は気軽に書ける感じじゃないなぁ、と。

多少無茶な話ですが、とにかく何の前情報もない
真っ白な状態からじっくりと遊んでみて欲しいなぁ、と思います。
ネタバレなんてほんと、もってのほか。

絶対誰が遊んでもおもしろい、なんてことは保証できません。
だけど、僕はどっちも面白いと思うし、買って良かったと思うし
最後までじっくり遊び尽くしたいなぁ、と思います。

とにかく、本心からの一言。

「やっぱり、ゲームって面白いなぁ」

近頃のゲームに対する疑問や、ゲームを素直に楽しめなくなっていた
自分の悩みを思いっきり吹っ飛ばしてくれた2作品に感謝を。

2006/04/20 00:46

ザッキ 

立て込んでいた予定がやっと一区切りついたので、久しぶりにアルコール摂取。
缶のチューハイ(カクテル?)一本で気持ちよく酔えるのは
少し悲しい気もするが、安上がりでいいのかもしれない。

結局MOTHER3と大神は買うことにしました。
発売日被ってるんですが、そこら辺は臨機応変にやってく感じでー。

いろいろ状況的に遊んでる場合じゃないような気もちょっとしますが生活には潤いというか楽しみが必要なわけでほらやっぱ楽しいことがないとやってらんないじゃん?というか大変なことばっかずっと続けてるとモチベーションが下がって結局作業効率も落ちてよくないことになるからやっぱ楽しみというかゲームをやった方がいいとおもうわけでしt(以下略

まぁ、あれです。
遊びたいから遊ぶんだ!ってことで。
また遊んでみたら感想書いてみますね。
つまらない言い訳なんてどっか遠くへうっちゃって純粋に楽しむことにしよー。

2006/04/19 00:01

あと2日ー。(MOTHER3) 

ようこそ『MOTHER3』の世界へ!

待ちに待ったゲームもついにあと2日で発売!
長年待っていた身としてはなかなかに感慨深いものがあります。
あぁ、ほんと長かったー。

大神と発売日が重なってるけど、MOTHER3はもう迷わず買います。
というか、両方買っちゃいまs(略

毎週更新されてた↑のサイトの更新も、今日の糸井さんの手書きメッセージで
一旦終わりっぽいんですが、変わりに糸井さんへのインタビューが開始のようで。
あと発売日の夜には糸井さんと伊集院さんのトークの生中継がされるようで
この二人の話はすごく面白そうだなぁ。
どっちの更新も楽しみだ。

そういえば伊集院さんもMOTHER3非常に楽しみにしてたんですよねぇ。
ファミ通で連載されてるコラムでも何度も話題にされてたような。
一体どんな話になるのかなかなか楽しみであります。

2006/04/18 00:00

物欲(大神)とゲームの話 

4/20に発売される大神(PS2)欲しい度がどんどん上昇しきました。

大神公式サイト

最初に情報が出てきたとき(2、3年前?)からすごく楽しみにしてたんですけど
発売までに間が空きすぎてちょっとモチベーションが下がってました。

、最近TVで放送されているCMや公式サイトに置いてある動画見て一気に復活。
あぁなんかもうすんごく、楽しいそう。
特に二段ジャンプ?のときに舞い散る紅葉に惚れそう。
家庭用のゲームは最近ほとんど買ってなかったんですが
久しぶりにテレビの前で存分に遊びたいゲームです。

自分はゲームのグラフィックをそれほど重視していないんですが、
こういう方向性の進化なら大賛成だなぁ、と思ったり。
大神の場合このグラフィックならではの魅力がありますしねぇ。
やはりゲームは総合的なメディアなのでどれか一つが優れてるんじゃなくて、
それぞれがバランスよく、上手く融合してることが大事なんじゃないかなぁ、と。

ここら辺の話題だと↓のAB2さんNao_uさんの記事が興味深い。

理論と感覚(AB2)
ゲーム作成における理論領域・感覚領域の製作コストと気力(Nao_uの日記)

最近のグラフィック重視のような流れにちょっと反発してたので
「絵ばっか綺麗にしててもしょうがないだろー」とかちょっと思ってたんですが
だからといってグラフィックが適当でも良い、って訳じゃないんですよねぇ。
極端短絡思考はよくない、とちょっと自戒。

ゲームの遊んでるときの手触りだとか、操作感にも
グラフィックや音楽、効果音も関わってきますしねぇ。
例えば、マリオのジャンプだってあの姿勢とあの音がなければ
ジャンプしたときにあそこまでの爽快感はなかったかも知れない。
他にもBダッシュだとか、右にどんどんスクロールできることとかも。

どれか一つが良いとか悪いじゃなくて、それらが上手く融合しているか、が重要なのかも。
それぞれの要素が上手く絡み合ったところから生まれた
「楽しさ」は多くの人に伝わりやすいし、飽きにくい強力なものだと思う。
自分もゲームを作るときはそこら辺をよく考えてみよう。

2006/04/16 23:29

ピタゴラスイtt 

ピタゴラスイッチの仕掛けが人知を超越している件(ワロスニッキ)

ふとした拍子に何回か見たことはあったんですが、改めて見るとやっぱすごい。
リンク先に動画もあるので、とにかく見ておいて損はないかと思います。
あの音楽と「ピタゴラスイッチ♪」の声が耳から離れないー。
DVDとか出てたら欲しいなぁ・・。

個人的には磁石を使ったものやビー玉を何度も利用するものがツボ。
一回きりの受け渡しじゃなくて、ストーリーの伏線のように
最初のものが後になって効いてくるのが楽しいなぁ、と。

こういう考えも付かないような仕掛けを考えられる発想力や、
実際にそれを実現するための物理だとか数学の計算力、
何度も微調整しながら挑戦する忍耐力とか素直にすごいなー、と思います。
自分の頭じゃまず絶対考えつけなそうだ・・。

リンク先のスレにも書いてあるけど、大人が見ても楽しいけど
子供にこそ見て欲しいなぁ、と思えるような番組ですねぇ。
他に子供に見て欲しい、って思えるような番組っていうと
所さんの目がテン!とか動物奇想天外ぐらいしか思いつかない。

NHK、最近微妙な話題が多いですけど頑張って欲しいなぁ。

2006/04/16 01:30

THE・雑記(アイスとアルバム) 

ターボカップが想像以上に美味しかった
兄が買ってきてくれたプリン味を食べたんですが、濃厚でカラメルまで入ってて。
量は減ってるけど50円増しぐらいでなかなかリッチな気分が味わえました。
同じくちょっと高いカップアイスだとハーゲンダッツとかがあるんですが
ハーゲンダッツは自分には少し甘すぎるのでターボカップの方が良いかも。
イチゴ味とかもあるそうなので今度探してみよう・・。

サンボマスターのアルバム購入
僕と君の全てをロックンロールと呼べ
近頃のシングルの曲がほとんど収録されていて、なかなかのお得感が。
電車男主題歌とか、タンバリンとか、手紙とかー。
アルバムバージョンの曲が結構あったりして(離れない二人は暴走しすg)
シングル、アルバムそれぞれの利点があって嬉しい。
自分はどっちも買ってるんですが両方買う意味があるのは良いなぁ。

アルバム曲で個人的に気に入ったのが二つの涙(視聴、音出ます)
シングル単体で出てても良さそうな良い曲だなぁ、と。
この曲だけ単体でリピートで聴いてたりもします。
熱くて、ノリが良くて、サビがすごく歌いやすそう。
なんていうか、カラオケで思いっきり歌いたいような曲。
よく使うサイバーダムにはまだ入ってないようなのでリクエストしとこうかなぁ。

2006/04/12 01:17

音声ちゃーっと (Skype) 

Skypeという音声チャット?のようなものを始めてみましたー。

Skype公式サイト

以下雑感ー。

・ 無料で手軽っぽい
・ 割と簡単に接続できて、鯖を立てる必要も無いので使いやすいかも
・ 音声以外のチャットや複数人での会議(最大5人?)もできて良さげ
・ 音質綺麗、会話のラグもほぼ無くて普通に電話してるみたいな感じ
・ インタフェース部分はほとんどMSNメッセンジャーと同じ

音の良さだとかラグの無さはちょっと驚きでした。
繋いで皆でだべったり、ネットゲームで対戦しながら会話するには使えそうですね。

とりあえず、名前が「kei+」でメールアドレスがMSNのもので
登録してるので気になった方は登録してみてくださいー。

2006/04/11 01:07

今更ですが(成分解析) 

自分はイノベータ理論で言うレイト・マジョリティかラガートな気がしてなりません。
つまり、遅れてr(略。

そんなこんなで成分解析ー。
[今更ですが(成分解析)]の続きを読む

2006/04/08 01:05

Wi-Fiステーションで面白ろそな試み 

DSダウンロードサービスにて受講生作品配信!

各地の店舗に設置されてるWi-Fiステーションで、
任天堂セミナーの受講生さんたちが作ったゲームが配信されるそうです。

今までもWi-Fiステーションでぶつ森のアイテムとか
マリオカートのゴースト、色々なゲームの体験版などの配布をしていたけど
学生の作ったゲームも配信してしまうとは面白いですねぇ。
ダウンロードされた数とか、アンケートも色々活用できそうですしねぇ。
作る側も、遊ぶ側もお互いにメリットのあるナイスな試みな気がする。

今はお店に設置されてるWi-Fiステーションだけだけど、
レボリューションが発売されてヴァーチャルコンソール
(ファミコンとかダウンロードして遊べるやつ)の
環境が本格的に整ってきたら、もっと色々と新しいことができそう。

とりあえず、最初の一本目の配布が来週の木曜からだそうなので
試しにちょっと近くの設置店まで行ってみようかな、と。
電源を切るとゲームが消えちゃうのがちょっと痛いけど。

DSの体験版とかのデータを保存できる補助カートリッジが
発売されたらなかなか売れそうな気がするんだけどなぁ・・。
スーファミのときのSFメモリカートリッジみたいに。

レボリューションの環境構築と同時期に出たりしないかなぁ・・。

2006/04/06 01:04

アクセス解析を眺めてたら(攻略について) 

今日(4/5)だけで雪道の攻略関係を探すワードでのアクセスが10件以上あってびびる。

雪道(パラメータ・サンクチュアリ)

自分が大好きなフリーソフトのRPGなので、未経験な方は是非。
Wizとかシレンタイプのゲームが好きな人ならかなり楽しめますよー。

結構攻略を読みたい人がいるようなので近日中に書いてみようかと思います。
なるべく、ゲームの面白さや考える楽しさを損なうことは避けたいので
まずはちょっとしたTIPSや知ってるとお得な情報をメインにしようかなぁ、と。

思いつくものをざっと上げてみると

・ 宿屋のお得な使い方
・ 捏造の法則
・ ()表記と[]表記の違い
・ 敵パラメータの法則
・ 基本的な計算式
・ ステージごとの進み方のヒント

ぐらいでしょうか。

ただ、基本的すぎて役に立たないかもしれないんですよねぇ。
昔の攻略本みたいに初歩編、上級編、みたいにわけるのもアリかなぁ。

そういえば攻略記事を書く場合は作者のPornさんに了解を取った方がいいのかな‥?
初歩攻略ぐらいなら問題ない気もするけど、個人サイトで攻略を載せちゃう場合
あまり完全な攻略を載せるのはちょっとマズい予感も。
1100歩クリアのやり方なんて完全にネタバレですし。

‥うーむ。
とりあえず初歩編を書いてみてから考えよう。
ゲームの楽しさを引き出せるよう、自己満足で終わらないように頑張ろう。
[アクセス解析を眺めてたら(攻略について)]の続きを読む

2006/04/05 01:57

夢診断 

お水さんにコメント欄で夢占いのページを教えていただいたので、
自分でもレイの夢を分析してみることにする。

めちゃくちゃ抽象的な話なので折り込みー。
[夢診断]の続きを読む

2006/04/04 01:37

悪い夢 

ひどく、嫌な夢を見た。
そんなことを急に思い出した。
[悪い夢]の続きを読む

2006/04/03 02:55

いろいろお買い物 

少し気になっていた本をまとめて一括購入。
リンク先はあーまーぞー(略)。

田尻 智 ~ポケモンを創った男  出:太田出版
パックマンのゲーム学入門  著:岩谷徹 出:enterbrain
お留守バンシー  著:小河 正岳 出:電撃文庫
狼と香辛料  著:支倉 凍砂 出:電撃文庫

パラパラ眺めたぐらいなんですが、田尻さんの本が面白い。
ゲームフリーク(同人誌)の第一号がそのまま載っていたり
クインティやポケモンの開発中の資料とかも載ってて良い感じ。
やはりクリエイター、何かを創っている人の話は面白いなぁ、と。
開発者の方のインタビューとか読むの好きなんですよねぇ。

そういえば、週間ファミ通で連載されてる星のカービィの生みの親、
桜井さんの「ゲームについて思うこと」の単行本2巻が発売されているようで。

桜井政博のゲームについて思うこと 2巻

単行本発売後にファミ通でアナウンスされてるのはちょっとどうかt
・・・・1巻がおもしろかったのでまた今度地元の本屋で探してみよう。

2006/04/01 22:13

恒例の日(エイプリルフール) 

アイレムは流石すぎると思いまs

つ、突っ込みどころが多すぎてどこから突っ込んでいいやらッ!
他にも色々4/1ネタがありましたが、やっぱアイレムが一番ッ
なんていうか、気合の入り方が違うので是非見ておきましょう。

さり気にコレとか出てるのもナイス。
ネタのリサイクルって案外重要ですよね(待

組織概要内の「特命部・USO八百課」は本当な気がしまs

他のサイトの4/1ネタはこちらのサイトさん
まとめて紹介されているので色々見たい方は見てみると良いかも。
いやぁ、みんながんばってますねぇ。

自分も余裕があったら来年は・・。

プロフィール

keipolus

  • Author:keipolus
  • ゲームプログラマー。
    きつねやらカレーやらコーヒーが好き。
    ゲーム作ってたりもします。
    http://inaridrop.sakura.ne.jp/

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。