涼しいところ

雑記、趣味の話、ゲーム、本、などなど。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/25 07:52

ヨコハマ買い出し紀行 

新装版が出てる、とのことなので会社帰りに勢いで
今のところ出てる3巻オトナ買いしたんだけど ・・
いや、めちゃくちゃツボですわこれー。

ヨコハマ買い出し紀行 1 新装版 (アフタヌーンKC)ヨコハマ買い出し紀行 1 新装版 (アフタヌーンKC)
(2009/10/23)
芦奈野 ひとし

商品詳細を見る

ちょっとファンタジーが入ったほのぼの日常漫画だけど
こう‥登場人物の背景だとか世界の歴史みたいなものが
じんわりと伝わってくるようで‥とにかく良い!
ロボっぽい人だとか廃墟とかオレが好きな要素が満載で!

昔ブックオフで軽く立ち読みしたことがある、ぐらいだったんですけど
今読むと昔よりも数倍も味わい深く感じて感慨深い。
どうしてもっと早く買わなかったんだ、っていう後悔と
逆に新装版出るまで買わなかった俺偉いっていうのもあって複雑。

一気に2巻分読んじゃったけど何かもったいねぇなぁ。
コーヒー飲みながらじっくり読むのが良いかなぁ。

月一冊、という絶妙なペースで発売されていくらしいので 長くゆっくりと楽しみたいと思う。
スポンサーサイト

2009/11/04 23:40

シュタインズ・ゲート感想 



「これが運命石の扉の選択・・か・・」
そう思わずにいられないぐらい偶然の出会いだったけど
本当に出会えてよかったなぁと思えたゲーム。
東京ゲームショーでパンフをもらった自分や
体験版を何となく「落としてやってみるかー」と思った過去の自分を褒めて上げたい。

ストーリーやキャラクターについてはちょっとしたことが
ネタバレに繋がってしまうかもしれないのでなるべく伏せて感想を書きます。
出来れば本当に何も知らないような素の状態で遊んでもらいたいなぁ、と。
公式ページとかはやばいネタバレがあったりするのでマジで閲覧禁止。

ゲームのレビューを書くことはラブレターを書くことに似ているのかもしれない。
そんなアレな妄想をさせるぐらいに自分の心に響いたゲームでした。
その対象がいかに素晴らしいか、また、何故自分がそんなに好きなのかを
読む人に伝えるために言葉を選び、試行錯誤しながら書く。
自分の未熟さでその魅力を伝えきれないことがうらめしい。

出来ることなら、記憶を無くした状態でまた最初から遊びたい。
全てのエンディングを終えるまで約24時間、丸一日ぐらいと結構な長さだったけれど
まるで夢のように素晴らしい時間であっという間に過ぎてしまった。
最後はボタンを進めるのが惜しい、
このゲームが終わってしまうのが寂しくて辛い、とまで思えた。

それぐらいに面白い。

それでも、最後まで遊んで本当に良かったと思う。
本当にこのゲームを遊べて良かった。

今まで遊んだノベルゲームで一番面白い。
遊び終わった直後の心情的にはそう断言したくなる。
ゲームが終わってしまった後の喪失感が半端ない。
もっとこの世界に浸っていたい、この世界の続きを見たい、と。

良くあるノベルタイプのアドベンチャーだけど
全ての要素の総合的な作り込みが非常に素晴らしい。
魅力的なキャラクター、世界観、謎が散りばめられた緻密に作られたストーリー。
何気ない一文にはっとさせられる。
何気ない、日常の会話がとても心に響く。
最後まで遊んだ感想としては、とても美しいゲームだったと思う。

特に素晴らしいのが、ゲーム中での重要な役割を果たす携帯電話に関するシステム。

他のノベルゲームとは一風変わったシステムとして、
プレイヤーはゲーム中にいつでも主人公が持っている携帯を見ることができる。
例えば、目の前にいるキャラクターと会話中でも、
別のキャラクターから電話が掛かってきたりメールが送られてきたりする。

このゲームは既存のノベルゲームのような選択肢が存在しない。
上記のような掛かってきた電話に出た、出なかった、
送られてきたメールに返信した、しなかった、などの
主人公の行動によって物語が自然に分岐していく。

このシステムのお陰で、キャラクターがまるで
本当にそこにいるかのような存在感が感じられて良い。
例えば、キャラクターによっては会話中に電話に出ると気分を害したりもする。
ケンカした後にしばらくしてから謝罪のメールが送られてきたり、
しばらく会えなかったキャラクターから主人公を心配するメールが送られてきたりもする。
この携帯電話システムによって、キャラクターの魅力がより引き出されていると思う。

主人公のぶっ飛んだ性格やオタク用語全開のテキスト、
序盤から全開で飛ばしたストーリーなど人を選ぶ部分も沢山あるけれど
ここで自分のレビューを読んでるような人ならまず大丈夫だと思います。
ネットでwikiやら2chを見たりして気付いてたら半日が過ぎてた、
みたいな経験があるような人ならドンピシャでハマれると思われます。
想定科学アドベンチャー、の名に相応しい想像することが楽しい素晴らしいノベルゲーム。

超絶オススメです。
箱持ってる人はとりあえず買って損はない。
いや、もう箱ごと買っちゃっても個人的には損はないかと。

プロフィール

keipolus

  • Author:keipolus
  • ゲームプログラマー。
    きつねやらカレーやらコーヒーが好き。
    ゲーム作ってたりもします。
    http://inaridrop.sakura.ne.jp/

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。