涼しいところ

雑記、趣味の話、ゲーム、本、などなど。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/28 08:53

俺と最近のゲームプレイ 

積みゲーが増え続ける根本的な原因

\やべえ/
恐ろしいほどにめっちゃ当てはまってる罠。
ついでに徐々にコレクターに足を踏み入れつつある現状である。

昔から兆候があったけれどゲーム自体を遊ばなくても「このゲームがおもろい」って話だけでもうおもしろいんよなぁ。
むしろ情報集めて買おうか悩んでる辺りが一番楽しんでるのでは‥という気もする。

ゲームについての文章とかコラム読むのは大体5分ぐらいで終わるんだけど
実際にゲーム遊んでその楽しさまでたどり着くのはもっと時間掛かったりするんよねぇ。
最近のやつはボリュームが多いので特にそういう傾向が強いと思う。
私生活の時間が学生時代に比べてあまり取れなくなってしまったので
時間単位で費用対効果が高い娯楽、例えばマンガとかアニメとかネットサーフィンのが楽になってしまった感があるわけで。
ゲームの場合、おもろいという話から脳内でどんな感じなのかを妄想しながら組み立ててる時が実は一番楽しかったりするのかもしれん。

自分はそこまで長くひとつのゲームをやり込んだことがあまりないので(雪道ぐらいか?)
ひとつのゲームを長くやりこみ続けれる人に少し憧れたりする。
これ以上は進めんな、と自分の限界が見えてしまうと諦めてしまうので
トッププレイヤーの人たちが見てる世界はどんなスゴイ世界なんだろなぁ、と夢想してしまうのだ。

自分がすげえ好きなFLIP-FLAPっていうピンボールを題材にした漫画があるんですが
その中で出てくるヒロインのピンボールに対する思いみたいなのがなんかこうすげえグッとくるんすよね。
無意味なのに、だけど、無意味だから尊いんだ、みたいな。
一巻完結なのでゲーム好きな人にはちょっと読んでもらいたいかもしれん。

んー、もっと気楽に楽しみながらゲームやらんとなー。
スポンサーサイト

2011/07/28 08:19

レジスタンス日本語版を遊んでみた 

こないだ会社のボードゲーム会で人狼系の新作レジスタンスを遊んだんだけど非常におもしろかった。
いわゆる人狼系のタイプの相手の思考を読むのが重要なゲームなんですが(参考
人狼と違って進行役がいらなくて途中脱落がないのでみんなで最後まで遊べるのがなかなかいい感じ。

4gamerさんの記事がわりとわかりやすくて良い感じ。
実際は発売が遅れに遅れて7月頭だったんすけどねッ!

レジスタンスを妨害するスパイは誰だ!? 「汝は人狼なりや?」風のアナログゲーム「レジスタンス 日本語版」が4月下旬発売

レジスタンスとレジスタンスに紛れ込んだスパイに分かれてミッションの成功失敗を互いに狙う感じ。
人狼と違って全員が最後まで残るので終盤に考えることが非常に多いのがなかなかに難しい。

最大10人まで遊べるんだけどその場合は容疑者が多くて最後まで絞りきれないのでスパイ側が有利な気がした。
7人ぐらいで遊ぶのがちょうどいい感じ?かもしれない。
脳をかなり使うゲームなので次回はメモと甘いモノを用意して遊びたいと思った(´・ω・`)w
陰謀カードってのを使った拡張ルールもあるのでまた機会をみてやりたいところです。

値段も2000円以下とかなり安いのでボドゲ好きな人はとりあえず買っといても損はないかもしれんす。
ただ遊ぶ人の本気度というかメンツによって面白さがかなり左右されるのでその辺は気合っすな。

レジスタンス 日本語版レジスタンス 日本語版
(2011/07/08)
ホビージャパン

商品詳細を見る

2011/07/07 23:29

LA-MULANAおもろい 

LA-MULANAレビュー 夢見た大冒険

昔フリーソフトで公開されてたLA-MULANAがWiiで配信されてたので落として遊んでるのだが非常におもろい。
↑のレビューに的確な説明があるんだけど簡単に言うとメトロイドとかゼルダとか洞窟物語みたいなレトロ風味の2Dアクション。
容赦ない感じで殺しに来るんだけど死んでも「なにくそ!」とやり直す感じは久しぶりで熱い。
謎解きも一応ヒントはあるものの結構むずかしくて昔のゲームっぽい感じなんだけど解けたときの喜びもひとしお。

LA-MULANA 公式攻略本

レトロ感あふるるイカした公式ガイドブックも公開されてるので読みながら遊ぶと子供時代に戻れる感じで最高だと思われます。
遺跡の写真の感じとか、自分のフェイバリット攻略本であるエイプのゼルダの攻略本っぽくて何か懐かし汁的なものがでそう!
アイテム紹介とか先の方の紹介とかもそこまで頑張りたいなぁ感を煽ってくれるというかなんというか。
ぁー、なんかマジで普通に実物の本として出してくれないだろうか‥。
鑑賞用、保存用で2冊は買うよ!

ゲーム本編もいい感じなのだが音楽がカッコイイのも素晴らしい。



2:05からの導きの門の曲すげえ好き。
全体的にメロディーが特徴的で口笛で何気なく吹きたくなるような曲だらけなのが素晴らしい。
ボリュームもたっぷりで1200円という非常にお買い得な感じなのでこういうゲームが好きな人は買うといいよ!


結構むずかしいゲームなので公式ではじめてのLA-MULANAという動画公開されているのですが、これがわかりやすくまとまっていて良い感じ。
最初でつまずいた人は↑のガイドブックと合わせて見ておくとよさげなんじゃないでしょうか。



公式なのに暴言やらアレなセリフが多くて良いですなwwww
ゲーム中のテキストもネタ満載でおもろいものが多いので調べすぎで時間が掛かったりするという罠。

2011/07/04 23:33

てきとーに 

なんかもう誰も見てないブログっぽい気がするけどせっかくなのでリハビリをかねてtwitterのつぶやきでもまとめて記事にしてみたテスト。
あとtwitterで書くのにあんま向かないような長めのやつとかはこっちにてきとーに書いてみるかー。

しかしこうして文章を書くのも久々過ぎて色々とムズかゆいものがあるぜ‥。
自分の昔の文章とか見るとなんかもう恥ずかしくて死んじゃうわ!

2011/07/04 23:21

セブンワンダーズ 

会社でセブンワンダーズという文明の発展を題材にしたボードゲームをやって来たんだが非常に面白かった。
(日本だと世界の七不思議ってタイトルでアマゾンとかでも売られてる模様)
カタンとシビィラィゼーション?っぽい感じで自分の文明を資源を使って育てて最終的に一番発展した文明が勝利、というゲーム。
文明によって軍事力が伸びやすかったり資源が豊富だったりと特徴があって色々な遊び方ができて面白い。

このゲーム変わってるのがセブンワンダーズというだけあって7人まで同時に遊べて、
しかも全員がいっぺんに行動するので大体40分ぐらいでサクサク終わるのが非常に素晴らしい。
対戦ゲームなんだけど自分の文明がカードを並べてニョキニョキとわりと視覚的にも育っていく感じが育成ゲームっぽくておもしろい。
最近やったボードゲームの中では一番好きかもしれない。

べた褒めだけど、勝利につながるポイントを稼ぐ方法がいっぱいあって複雑なことなのと対戦中の計算が難しいことがちょっと難点か。
複雑なぶん何回も遊べそうだけど敷居が高くなっちゃうのがなー。

ルールの紹介をしてるサイトさんを発見。
http://bit.ly/jhtYMz

おもろいので自分も買っちゃおうかなぁ。

2011/07/04 23:16

ボードゲーム 

最近プロジェクトもちょっと落ち着いてきて、会社のボードゲーム愛好会に
わりと参加するようになったんだけど今更ながら改めてボードゲームっておもろいなぁと。

ルールがわからない中を手探りで覚えていく感じだとか、人と会話しながら協力したり、蹴落とすために罠に仕掛けたりとか。
わりと1、2時間ぐらいの短い時間で濃縮された楽しさを味わえるのも良い。

あと、最近のボードゲームはルールだとか世界観やら小物がやたらしっかりしてる本格的ものが多くてすげえなぁ、と。
こないだ遊んだセブンワンダーズとか自分が持ってるやつだけどパンデミックとか。
遊びつつ世界観に浸れるのは素晴らしい。

無理矢理まとめるとボードゲームさんとは是非コンゴトモヨロシクしていきたいところである、と。
いやぁー、ゲームって本当にいいもんですねー。

プロフィール

keipolus

  • Author:keipolus
  • ゲームプログラマー。
    きつねやらカレーやらコーヒーが好き。
    ゲーム作ってたりもします。
    http://inaridrop.sakura.ne.jp/

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。