涼しいところ

雑記、趣味の話、ゲーム、本、などなど。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/04/27 00:47

大神の感想(未クリア、中盤ぐらい) 

大神公式サイト

まだクリアはしていないんですが(感覚的には中盤から終盤に入るぐらい?)
プレイ時間が約24時間ぐらいの時点の感想を書いてみます。

人にもよると思うんですが僕はめっちゃ好きですよ、大神。
日本画っぽいグラフィックがちょっと・・という人は厳しいかもしれないんですが
公式のムービーなどを見て楽しそう、と思う人なら確実に楽しめると思います。
僕の場合は期待を裏切られるどころか想像以上に面白かったです。

先に、本当におおざっぱすぎるまとめ方してしまうと

「日本っぽさ全開、爽快感大幅アップな主人公が犬なゼルダ」

ってとこでしょうか(待
お水さんのコメント欄にもちょっと書きましたけど
豪快かつ爽快、遊んでて気持ちが良いゼルダタイプのアクションアドベンチャー。

以下良いところを上げてみる。

・ グラフィックと演出がすごい
こういう方向性でのグラフィック進化ならもう大賛成ですよ。
徹底された日本画調のグラフィックと漢字を駆使した演出がすごい。
これ、日本人はもちろん海外の人にも絶賛されるんじゃないだろうか。
特に忍者とか侍が好きなアメリカの方とかには大喜びされそう(偏見

敵を斬ったら「」って大きく出る、といったように
戦闘シーンなどでも漢字がエフェクトとして上手く使われていて
(感覚的には漫画の「うしおととら」みたいな感じ?)
見た目のカッコよさだけでなく爽快感もあって良い感じ。

単にグラフィックがすごい、というだけじゃなくてグラフィックや演出が
ゲーム性にしっかりと結びついているところが好印象。
グラフィックがごちゃごちゃしてて見づらい、ということもほとんどなく、
いかにゲームを遊んでいて、キャラクターを動かして気持ちよさを感じられるか、
といった方向に力を注いでる感じがします。
広いフィールドを駆け回ったり飛び跳ねるだけでも楽しい。

画面に筆で記号や絵を描いて色々な効果を起こす「筆しらべ」という
システムがあるんですがこれもこのグラフィックならではだなぁ、と。
開発後期に出てきたアイディアだそうなんですが、すごくゲームに合ってる感じ。
というか大神のゲームとしての肝になってますね。

・ 「筆しらべ」が楽しい
さっきちょっと書いた「筆しらべ」なんですが、これが楽しい。
ゲームを進める内に色々な技を習得していくんですが
これを使いこなして謎解きをしたり敵を倒すのがとても面白い。
一つの技でも色々な使い方ができる、ってのもゲームの幅を広げていて良いですね。

序盤で入手できる「一閃」という物を斬る技があるんですが、これがほんと爽快で。
大体目に見えてる物はザクザクぶった斬ることができて素敵すぎます。
そこら辺に生えてる大木から岩、更には敵までもうスパスパ、と。
友人のM-B君が村人までザクザク攻撃したくなる気持ちもわからんでもない(待

「筆しらべ」の図形を描いている間は時間が停止してるので使いやすいんですよね。
発動中は敵の動きも止まるので、通常攻撃で敵を吹っ飛ばした後に
追い討ちで「一閃」、といったコンボも可能で戦闘の幅が広がります。

感覚的にはゼルダで色々入手できるフックショットとか弓矢などのアイテムを、
「一つの画面から全部ショートカットでほぼノータイムで使うことができる」
って感じかなぁ。
ショートカットのための手順(描く図形)は自分で覚えてないとなんですが。
それでもいちいち切り替える手間無く速攻で発動できるのは良いですねぇ。

・ アクション一つ一つが楽しい
前述のグラフィックの部分と被るところがあるんですが、
一つ一つのアクションが洗練されてて気持ちいいんですよね。
ただ走ったりジャンプしたりするだけでも楽しい。

主人公が人間ではなく狼、しかも神様(ネタバレ・・じゃないよね?)なので
人間の限界を超えたアクションができてそれが爽快なんですよねぇ。

ダッシュのスピードが非常に早く、しかも持続性が長くて
壁に引っかかったり、ジャンプするぐらいでは途切れたりしないので
ちょっと慣れればもう自由自在に野原を駆け巡ることができます。
フィールドが中々広いんですが、そこを一気に爆走するのが楽しい。
またまたゼルダでいうと常に馬に乗ったスピードが引き出せて、
しかもやたら小回りが効いて自由に走り回れる、みたいな。

個人的にはあんまりフィールドが広いとゲンナリするんですが
移動に対してストレスが無ければ全然OKなんですよね。
むしろ、逆に移動が爽快だとフィールドが広い方が良いというかもっと走らせr(略

自分はGCのゼルダ(風のタクト)があまり楽しめなかったんですが
その理由の一端がここにあるような気がします。
風のタクトはフィールドのほとんどが海で、地上が少なかったんですよね。
しかも海での移動に手間がかかるというかぶっちゃけめんどいので(待
後半になるにつれて移動がストレスになっていった、というか。

大神の場合は移動のストレスは全然ないですね。
むしろ自分の場合は走っててもなんか楽しいので
ワープ手段が出来てもわざわざ手間をかけて走ったりもしてます。


うーん、予想以上に長くなりそうだ;
まだまだ書きたいことが一杯あるので、また明日書き足しますー。

コメント

  1. Uri | URL | #-
    こんちわー。
    「大神」の妹の感想(8~10時間程度)。
    <良>
    丁寧さ、オリジナリティ、妹的にちょうどいい難易度
    <難>
    視点、ロード

    「MOTHER3」の弟の感想(時間は不明)。
    最高。

    風タクの海の広さはロード短縮のためでしょうかね。PS2のローグとかもそうですけど、シームレスってのはまだ難しいんでしょうね。
    (2006/04/27 12:39 :: 編集)
  2. kei+ | URL | #-
    こんにちはー。

    大神は謎解きが苦手な人でも遊べるように非常に丁寧に作られてますねぇ。
    難度も普通に遊ぶ分にはあまり高くない感じで。

    ロード時間と視点は確かにちょっと気になりますね。
    僕の場合は気にはなるけど許容範囲内・・かな。

    MOTHER3は弟さんに完全同意です(待
    もったいなくて一気に遊べないのでゆっくり進めてます。

    風のタクトのアレはロードもありそうですが
    単純に広くて密度のあるフィールドを作ってる時間が無かったんじゃないか、って予想してます。
    例えフィールドの大部分が海、だとしてもあの仕様はちょっと問題アリでしたし。
    序盤はゲームの密度凄く高かったのに後半使いまわしとかたらい回しとか多く、密度低くて。
    もうちょっと時間をかけて作ってればもっと楽しい作品になったと思うんですけどねぇ・・。
    (2006/04/27 23:36 :: 編集)

コメントの投稿


Secret : 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kpora.blog19.fc2.com/tb.php/130-3b9d9e96
この記事へのトラックバック

プロフィール

keipolus

  • Author:keipolus
  • ゲームプログラマー。
    きつねやらカレーやらコーヒーが好き。
    ゲーム作ってたりもします。
    http://inaridrop.sakura.ne.jp/

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。