涼しいところ

雑記、趣味の話、ゲーム、本、などなど。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/22 01:33

いいね、読書は。 

実際に小説を読むまで長門を「ながもん」って読んでました。
いや、「ながと」って出てきませんよ最初はッ

とか由詫君に言ったら思いっきり否定されました。
間違えてたの自分だけなんだろうか・・ orz


という訳で、最近流行りのハルヒの小説を読み始めてみました。

涼宮ハルヒの憂鬱

で、気づけば最新刊の憤慨まで読み終わっていたという罠。
やっぱり本なんてものは読むまで面白さが解らないもんだー。

徹底された一人称によるあらゆる物事へのキョンのツッコミが楽しい。
最初はちょっとくどく感じる部分もありましたが慣れたらもう妙に心地よくて。
もう他の一人称の小説を読んだらちょっと物足りなく感じそうだ。

一人称で徹底されてるので、主人公であるキョン以外の感情心情が
明確に描かれていない、というのも逆に想像の余地があって良いなぁ、と。
それとなく匂わせる描写はそこかしこに散りばめられてるんですが
重要そうな部分でもサッと流してしまうところがニクイ。
いろいろと想像しながら読むのがホント楽しいです。

早く続きが読みたいなぁ、とか思って発刊リストを見てみたら
最新の憤慨が5月の初めに出たばかり、ということに気づく(遅

がー、次が出るのはまだまだ先か・・!

コレでも見て無理やり誤魔化すことにしよう。


・・何かが違う気がする。

コメント

  1. Miz | URL | #0VU/3GDM
    ながもんいいね、ながもん。
    ながモンとか書くとさらにいい。
    ながモン☆ならもう言うことがない。
    ぜひ愛情込めてそう呼んであげなさい。
    (2006/05/22 07:19 :: 編集)
  2. kei+ | URL | #-
    声に出して Σ?

    ☆の部分はなんて発音すればいいんでしょうか。
    愛情を篭める感じ・・?
    (2006/05/23 00:43 :: 編集)
  3. Miz | URL | #0VU/3GDM
    サンプル①

    そんなわけで、読者からのバカな要望により俺は長門を愛称で呼ばなくてはならなくなった。
    というか、この呼び方はどうなんだ、おい。朝比奈さんを「みくるん」などと呼ぶ連中も忌々しいが、これは余計に危険が危ない。ぜひ撤回するべきだ、今すぐに。
    などと考えているうちに部室に着いてしまった。ああ、このまま時を止めてしまいたい。
    ドアを開けると、やはり朝比奈さんも古泉もハルヒさえもおらず、そこには長門一人がいつものように黙々と読書に励んでいるのであった。ハードカバーの重そうなものを相手にかなり集中している。ドアを開けた俺に対して何の反応もない。
    今がチャンスだろうか。
    勇気を出せ、俺。
    「なが」
    「……何?」
    反応早っ!
    俺は口を開いたまま閉じれない。モン☆などとはとてもじゃないが声に出ない。
    「と、今日は一人なのか」
    こくり、と長門。そして再び目線は本へ。
    ああ。
    自分の不甲斐なさに反吐が出そうだ。何て小心、何てチキン。せめて古泉のようにサラっと流せるならいいのだが。
    どうする、俺。

    それから5分経っても10分経っても誰も来やしねえ。長門は相変わらず冷めた目で読書に熱中しており、俺一人が頭を抱えて悶々としている。ああ、煩悩とは何て罪深いのか。
    「な、なあ」
    勇気よりも勢いがこういう場合大切だ、と思う。思え。思うしか。
    「長門ってニックネームとか欲しくないか」
    ちらり、と長門はこちらを見て、
    「不要」
    「そ、そうか」
    笑顔の固い俺である。
    残念だが、今日のところは断念せざるを得まい。

    (続く)
    (2006/05/23 19:58 :: 編集)
  4. kei+ | URL | #-
    新連載がッΣ

    続き期待しておりますー。
    この際通常の記事で載せちゃいましょうか・・?(待

    むしろ自分も追従してみるべきか・・。
    ながモンh(略)は恥ずかしすぎますg
    (2006/05/24 00:40 :: 編集)
  5. かつて本気狩☆とか名乗ってた人 | URL | #-
    Miz先生の作品が読めるのは涼しいところだけ!

    とか少年漫画風のアオリを入れてみる。
    (2006/05/24 18:01 :: 編集)
  6. Miz | URL | #0VU/3GDM
    サンプル②

    結局、あの後ハルヒと古泉が来たものの、
    「みくるちゃんがいないとつまんない。帰る」
    と案の定ハルヒが気まぐれを起こして帰ってしまったため、しぶしぶ俺たちも解散するという流れになった。
    ここで長門と二人きりで下校、というパターンでもあればまだチャンスがあったのかも知れないが、都合の悪いことに古泉も一緒になったため、結局、俺たちは何も話さずに校門で別れた。
    ……無理だ、無理に決まってる。
    あの長門を「ながモン☆」なんてファンシーな呼び方で呼べるはずがない。朝比奈さんを相手に「みくるん☆」と呼ぶのなら、
    「やだ、キョン君、恥ずかしいですよぅ」
    と和やかな感じで笑いのネタにも出来るのだが、VS長門を想像した場合、
    「……読み方が違う」
    と素で返されるに決まってる。そして俺はお茶を濁すように空笑いで「あ、すまん」とか言ってしまうのだ、間違いなく。
    ……どうしたらいいんだ。

    翌日、俺は救いの女神に助けを求めることにした。
    「は、はぁ?」
    「ですから、長門をそう呼ぶように話の流れを作って欲しいんです」
    「長門さんを……ええと、はい。いいですよ」
    と、朝比奈さんは予想外にスムーズに了承してくれた。
    「ただ、条件があります」
    大丈夫、俺は朝比奈さんが相手ならどんな条件でも飲む自信がある。力強く頷いて同意を示すと、
    「私のことも”みくるん☆”って呼んでくださいね」
    前言撤回。
    俺は迂闊な約束をしたことを後悔するのだった。

    「あ、あのぅ、長門さん」
    「……何?」
    「な、な、な、な」
    「…………」
    「なが、なが……うー」
    「……?」
    見ていて気の毒になるくらい、救いの女神は頼りにならなかった。うだうだとしているうちにだんだん長門の方も眉をひそめ始め、ついには同情を込めた視線で朝比奈さんを見始めた。
    「あの、あの、あの、あのですね!」
    「冷静に。心拍数が高い。深呼吸するといい」
    「は、はい!」
    ダメだ、見てられない。そう思った時には俺の口は勝手に動いていた。
    「あ、あのな、長門!」
    「……?」
    「今日からお前を”ながモン☆”って呼ぼうと思うんだが!」
    俺の突然の行動に同調して、朝比奈さんも、
    「わ、私もそう呼びたいと思って、うん、あの、ごめんね」
    とよくわからずにペコペコ謝り始めた。
    さて。
    そんな突拍子もないことを言われた当の本人はどうかと言うと。
    「許可」
    意外にあっさり認めてくれるのだった。
    で、
    「呼んで」
    なんて言い始めた。

    もし人生に選択肢というヤツが本当にあるとしたら。
    俺、絶対に間違った選択したよな。
    そう思う。

    「呼んで」
    ああ、くそ。
    「ながモン☆」
    やけになった俺は、とびっきり愛しそうな声を出して、この無機質宇宙人少女をそう呼んでやるのだった。

    余談だが、ハルヒの前では俺も朝比奈さんも決してそんな呼び方をしない。
    しかし、時々無意味に長門が
    「呼んで」
    と言うようになり始めたので、最近世界の危機を身近に感じるようになった次第である。

    (了)

    長 く て ゴ メ ン
    (2006/05/24 19:05 :: 編集)
  7. kei+ | URL | #-
    >かつて本気狩☆とか名乗ってた人
    もう皆でSS書きましょうか(待

    >お水さん
    な、なんて破壊力だ・・
    結局☆は愛情篭めて可愛らしく言うのですNE

    余談ですが古泉のあまりの空気っぷりに少し吹きましt
    (2006/05/25 20:49 :: 編集)

コメントの投稿


Secret : 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kpora.blog19.fc2.com/tb.php/143-9d9cc059
この記事へのトラックバック

プロフィール

keipolus

  • Author:keipolus
  • ゲームプログラマー。
    きつねやらカレーやらコーヒーが好き。
    ゲーム作ってたりもします。
    http://inaridrop.sakura.ne.jp/

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。