涼しいところ

雑記、趣味の話、ゲーム、本、などなど。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/08/23 17:25

っしゃああああ! 

やっと、やっと!
応援団の最終ステージクリアできたーっ!

あぁ、もうめちゃくちゃ嬉しい orz(喜び挫折
クリアできた瞬間、っしゃああ!って叫んじゃいましたし。
紅魔郷をクリアできたときも似たような記事を書いた気がするけど、
もはや話題が被ってるとかどうでもよくなるぐらいに嬉しい。

一度は超えることが出来ないと思った難関を超えること。
それがなんて、なんて楽しいことなんでしょう。
最初は絶対無理だと思ってたけど、何度も何度も繰り返して、ちょっとずつ進めるようになって、それでも失敗して、上手く進んでても緊張で失敗して、それでも、それでもついに、ついにそれを超えることができたときの喜びといったらもう、ああ!

最近のゲームは割と簡単にクリアできるゲームが多いんですよね。
単純に遊びやすいというか、そういうの以外にも難易度が低めのゲームが多かったりして。
そうじゃなくても何か他に裏道が用意されているようなものも多いんですが
応援団はそういったものがなくて、もう本当に一発勝負。
それだけに、自分の力で上達してクリアできたときの喜びが本当に大きい。

どんなに上手く進んでても、数回ミスをするだけで終了。
ちょっとしたミスが命取り、とにかく気合で、全力で応援し続けるしかない。

難易度が4段階あって、簡単な方はそこまで難しくないんですが、もう一番難しい難易度となると完全に別次元。
最初何だコレ、って思いましたし。
一番簡単なステージさえも、初っ端から死にまくれるという恐ろしい難しさ。

それでも、根性か気合かわからないけど、とにかく練習すればちょっとずつ上達できる。
かなり根気が必要なんですが、その辺の難易度調整はほんと素晴らしい。
ライトユーザーには向かないある意味ゲーマー仕様なんですが、自分はもうそうやって少しずつ上達して進むのが楽しくてしょうがなかったです。

上手く行っている時の爽快感、緊張でヒリヒリするような感覚。
全部ひっくるめてもう最高に楽しい。
特に、応援団は音楽に合わせて乗って来ると脳から何かがどっぱどっぱと出てるのか、普段は見えないようなものが見えるようになったりして(情報処理能力が向上しているっぽい)それがもう(略
絶対一度目じゃクリアできないような配置も一発で抜けられたりとか。
自分の中で何かが覚醒しているのがわかるような、素敵感覚。

自分にとってのゲームの楽しさって
「上達して難関を超えれるようになる」ということなのかなー、とか思ったり。
だからそういう側面が大きいゲーム(アクション要素が入ったものとか)が好きなのかなぁ、と。
よく考えると、RPGをあまりやらないのもそれが関係しているのかも知れません。

あー、もう応援団とにかく最高に嬉しかった&楽しかったです。
DS持ってる人で気になる人はめちゃくちゃオススメ。

‥そういえば、応援団についてちゃんと紹介してない気がする Σ

後日レビューや感想、考察その他もろもろと一緒に紹介しますー。

コメント

コメントの投稿


Secret : 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kpora.blog19.fc2.com/tb.php/15-b2b3d145
この記事へのトラックバック

プロフィール

keipolus

  • Author:keipolus
  • ゲームプログラマー。
    きつねやらカレーやらコーヒーが好き。
    ゲーム作ってたりもします。
    http://inaridrop.sakura.ne.jp/

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。