涼しいところ

雑記、趣味の話、ゲーム、本、などなど。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/18 00:42

読書 

アーモンド入りチョコレートのワルツ、読了。

電車の中で一気に読みながら、2回ぐらい泣きそうに。
人前で堂々と泣けるほどの勇気は僕にはないので、頑張って涙をこらえて。

今になって思うとちょっと勿体ないことをしたかもしれません。
家でゆっくり読んで、存分に泣いた方がよかったかなぁ、とか思ったりも。
ほら、泣いた後にはもう笑うしかないんですし(謎

それにしても、本当に自分好みの作品ばかりで大当たりでした。
心に残る小説ベストなんたらに入れちゃいたくなるぐらい。
時々こういった素晴らしい本に巡りあえることがあるから、読書は止められないー。


しかし、何かを紹介しようとするときにいつも思うんですが
素晴らしさを伝えるってのは本当に難しいことだなぁ、と。
「どんな内容なのか」を語りすぎれば知らずに触れる楽しさを奪ってしまう気がするし、
かといって何も語らなければ何も伝わらない。

個人的には、何も知らない、前提知識がほとんどない状態で
一から作品に触れるのが一番楽しめるんじゃないかなぁ、と思うんですよね。
知らないこと、新しいこと、ってのはそれだけで価値がありますし。

だから、僕はなるべく内容について触れないでただ「面白い」だとか「素晴らしい」という風に紹介してしまうことが多いんですが
それだけだと、知らない人の興味を引くことは難しいし、脳がない。

かといって良さを伝えるために自分が普段使いもしないような言葉や、
他所からもらってきたような言葉を使って、というのも何か違う。

うーん、ジレンマ。

本当に自分が思ったこと、素晴らしいと感じたことを
自分の言葉で上手く表現できればそれが一番なんだと思うんですが。
それを実践しようにも総合的なアウトプット量が絶望的に足りてない。

悩みながら、自分の言葉で色々考えて、頭を使って、何度も表現しようとすることが大事なんじゃないかなぁ、と今少し思いました。

今はただ、必死に頭を使って考えていくことにしよう。





コメント

  1. | | #
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    (2006/01/18 01:01 :: 編集)
  2. Miz | URL | #0VU/3GDM
    んん、難しいもんだぜ、感動を伝えるのは。
    ネタバレしちゃ勿体無いし、抜粋しないと伝わらないものがある。
    ただ「面白い」と書いて伝えるためには、
    自分の評価眼を信頼してもらうしかないわけで、
    そのためにはとにかく「眼」を鍛えるしかないのな。
    まあ、ポラス君の「眼」は十分信頼に足るものだと僕は思うから、
    本屋で見かけたら読んでみるよ、これ。
    (2006/01/18 10:05 :: 編集)
  3. kei+ | URL | #-
    そういってもらえると嬉しいです>眼

    確かに信頼してもらう、ってのも良い手ですねぇ。
    あとは書き手と読み手の好みが似ている、とか。
    この人が面白いっていってるなら面白いはずだ、と思って貰えるようになれれば薦める側としてもすごく楽なんですが‥うーん。

    (2006/01/19 00:09 :: 編集)

コメントの投稿


Secret : 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kpora.blog19.fc2.com/tb.php/62-417148ee
この記事へのトラックバック

プロフィール

keipolus

  • Author:keipolus
  • ゲームプログラマー。
    きつねやらカレーやらコーヒーが好き。
    ゲーム作ってたりもします。
    http://inaridrop.sakura.ne.jp/

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。